人間が〈賢く〉なってよい点と、エネルギーがなく〈馬鹿〉になれない悪い点と、その二通りがある

お問い合わせはこちら 資料請求はこちら

”関西の結婚相談所ブライズアカデミー 長井春美の考え”

人間が〈賢く〉なってよい点と、エネルギーがなく〈馬鹿〉になれない悪い点と、その二通りがある

2021/10/11

 馬鹿なこと、というものがあります。たとえば電車の終点の様子を知りたくなって、つい乗っていっちゃう、とか、山のてっぺんからみる町の景色が気になって登ってみる、とか、それは人によっては馬鹿なことなんだけど、何かあとで思い出してはしみじみ愛おしくなること。そしてそれは若いうちにやるようなこと事。そういうことを〈してしまう〉ところが、人間にはあります。

 逆に年をとって〈賢くなってしまえば、なかなか出来ない。そんな労力ばかり必要になること。それに、たとえやろうと思っても、エネルギーが要る。

 どうも、こんなふうに、結婚の対象年齢がどんどんと後になっていくような時代になると、人間が〈賢く〉なってよい点と、エネルギーがなく〈馬鹿〉になれない悪い点と、その二通りがあるような気がしています。

 少しでも早く結婚をしてほしい、と、よく私がいっているのは、まずは女性の出産という大仕事に加えて、なんともいえない人間としてのフットワークの軽さが失われてしまうことがあります。もちろん、エネルギーの存在は、なくして初めて知るような微妙な事柄だから。

 考えに考えるのはとても必要。でも、馬鹿みたいだけどな、といって、自分の心に従うことも必要かもしれません。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。