株式会社ブライズアカデミー

優しくありたいけれどもただ優しくありたくもない 鉄しき と書いてやさしき

お問い合わせはこちら 資料請求はこちら

関西の結婚相談所ブライズアカデミー長井春美の考え

優しくありたいけれどもただ優しくありたくもない 鉄しき と書いてやさしき

2021/10/18

つい先日のこと、
入会の手続きに、来社されたお父さんが私のことを、
「長井さんは優しいねえ」
としみじみおっしゃいました。

こういう仕事を始めて、もう数十年が経つわけですが、私のことを〈優しい〉と述べられた経験は、実はほんとうに数えるほど。
それを証明するかのように、そばにいたスタッフは、思わず笑い声を出してしまった。

もちろん、私はここで、優しい、と褒められたことを自慢するつもりはなくて、〈優しい〉ということだって、こんなふうに、見る人によって違う、ということがいいたかったわけです。

たとえば、〈優しさ〉を、情緒的な目線で見る人は少なくありません。
でも私はむしろ理性的に人を見る。
本質を見ないと間違ってしまう、と、心のどっかで思っているから、情緒的には見られません。
そしてそれが、スタッフを思わず笑わせた理由かな。
つまりそれは〈優しくある態度〉ではない(笑)。

〈優しい〉ということばが、よくあるようで、実は出にくい職場なのかもしれません。
そういえば昔、高村光太郎という詩人が、鉄しき、と書いて、やさしきとルビを振ったことを思い出しました。

優しくありたいけれども、ただ〈優しく〉ありたくもない、という少し難しい心境です。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。