関西の結婚相談所ブライズアカデミー 長井春美の考え 

お問い合わせはこちら 資料請求はこちら

関西の結婚相談所ブライズアカデミー 長井春美の考え 

関西の結婚相談所ブライズアカデミー 長井春美の考え 

2021/07/15

不自由を不自由として生きる。制限を制限があるものとして生きる。

 結婚したくない、という理由の中に、結婚したら当然のこととしてある不自由や、かたちに現れない制約が嫌だ、という意見があります。これは男女ともに多いかな。

 まあ、たしかに結婚というのは制限のかたまり。ああしてはいけない、こうしてもいけない。お酒を飲んだら何時までに帰る。男女で会うのは禁止。会うのならだれかと一緒に、とか。趣味にお金をかけるのも厳しくなる。
 仕事でも不自由。家に帰っても不自由、といったところかな。

 相手のことを考えて生活する、というのが結婚です。それを嫌だという人もいれば、だからこそ結婚しなさいという私のような立場もあります(笑)。

 これはだれに聞いたのだったかな。私たちが生活をする上で、まさに〈敵〉あつかいのストレス。これも適当にある限りは、人間を活かしてくれる材料にもなる。

 不自由を不自由として生きる。制限をあたりまえに制限があるものとして生きる。
 そしてそれがあるから、人間として〈ちゃんと〉やっていける
のではないかな。

 結婚しなかった人、とりわけ男性の平均余命は格段に落ちるといわれています。ストレスとの因果関係は、これから調査が必要となるけど、やっぱり長生きをするにも一定の制約がいるということなのかな。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。